Center for
Social Well-being Studies
Senshu University

活動內容

この研究プロジェクトでは、主に以下の活動をしています。

(1) 國際比較聞査

ソーシャル?ウエルビーイングに関する調査票調査、すなわち「ライフスタイルと価値観に関する國際比較調査」を、東アジア?東南アジアの7つの國?地域で行います.これらの調査は國際比較を意図して設計されており、主要な設聞はすべての國?地域で共通しています。標本サイズは1,000-10,000ケース程度であり、回答者はそれぞれの國?地域で全國から選ばれています。

(2) シンポジウムおよびコンファレンス

シンポジウム(日本で開催する場合)およびコンファレンス(海外で開催する場合)を開催し、このプロジェクトの研究成果を研究者や學生、政策當局者、一般聴衆に発信します。2016年度以降は毎年2回以上のペースで開催する予定です。

(3)英文機関誌

英文機関誌The Senshu Social Well-being Reviewを毎年1回刊行し、ソーシャル?ウェルビーイングに関する最先端の研究成果を、世界中の専門研究者に発信します。この機関誌は専修大學學術機関リポジトリ(SI-Box)でもオンライン公開されますの で、世界中の人が無償で読むことができます。

(4) 和文機関誌

和文機関誌『ソーシャル?ウェルビーイング研究論集』も毎年1回刊行されます。こちらは主に日本の大學生や大學院生と一般の人びとに向けて、ソーシャル?ウェルビーイングについてどのように考えていけばよいのかをわかりやすく伝えるととを目的として います。和文機関誌も無償でオンライン公開されます.

プロジェクトの研究成果はこれら以外にも、世界中で開かれるさまざまな學問分野の國際學會や、國際的な査読つき學術誌でも精力的に発信されています。

主な活動の一覧

  2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
國際比較調査   日本
韓國
ベトナム
フィリピン
タイ
インドネシア
臺灣
 
シンポジウム

コンファレンス
第1回シンポジウム [PDF]

2014年12月6日

専修大學神田校舎(東京)
第2回シンポジウム [PDF]

2015年11月28日

専修大學神田校舎(東京)
第3回シンポジウム [PDF]

2015年11月28日

専修大學サテライトキャンパス(川崎)
第2回コンファレンス [PDF1] [PDF2]

2017年10月12-13日

ハノイ(ベトナム)
第4回コンファレンス[PDF]

2018年6月29-30日

ソウル(韓國) [Abstract: KOSSDA Website]
  第1回プロジェクトセミナー [PDF]

2016年2月17-19日

専修大學富士山中湖セミナーハウス(山梨)
第1回コンファレンス [PDF]

2017年3月9-10日

バンコク(タイ)
第3回コンファレンス [PDF]

2018年3月4-6日

マゲラン(インドネシア)
第5回コンファレンス[PDF]、第4回シンポジウム[PDF]

2018年11月23-25日

東京(日本)
The Senshu
Social Well-being Review

(英文機関紙)
1號
(2015年3月)
2號
(2016年3月)
3號
(2016年9月)
4號
(2017年12月)
5號
(2018年12月)
「ソーシャル?ウェルビーイング 研究論集」
(和文機関紙)
1號
(2015年3月)
2號
(2016年3月)
3號
(2017年3月)
4號
(2018年3月)
5號
(2019年3月)
久久影院-国产久久亚洲美女久久