日本語學科

文學部日本語學科は、2020年度より國際コミュニケーション學部日本語學科に再編されます。2020年度以降の入學者は、國際コミュニケーション學部(神田キャンパス)への所屬となります。
日本語を様々な視點から考察し、
日本語のエキスパートをめざす。
日本語學科では、日本語の持つ様々な特徴や性質に學問的?理論的観點からアプローチしていきます。対象とする日本語は古語から現代語、ドラマや攜帯メイルで使われる日本語、地域や母語、世代や時代の違いによる日本語と様々です。それらを文法論?音聲學?音韻論?語彙論?意味論?語誌?日本語教育學?日本語情報処理など多岐にわたる分野からとらえていきます。また、日本語を外國語としてとらえ、學ぶ側と教える側の両視點から日本語習得のプロセスを理解する方法や、日常何気なく使われている日本語を科學的に分析する手法も身につけていきます。日本語のエキスパートをめざし研究を重ねた4 年間は、グローバル社會で活躍できる人材を育みます。

學びの特徴

日本語學科では、日本語の持つさまざまな特徴や性質を學問的?理論的観點から學べるとともに、日本語コミュニケーションの実踐力向上もめざすことができます。
この教育を通じて、日本語に対する深い理解と認識をもった人材や、國際社會で活躍できるグローバルな視點を持った人材を育成していきます。
日本語學科_學びの特徴


ことばを研究する方法を學ぶ
1年次に「専門入門ゼミナール」と、専任教員が交代でそれぞれの専門を解説する「日本語學総合」を配置。また、「日本語情報処理」でコンピュータによる日本語データの加工処理など、日本語學を學ぶための基礎を身につけます。
日本語に迫る多彩なアプローチ
言語の歴史や現代語の研究、資料研究など、2 年次以降は、様々な角度から日本語にアプローチすることができます。まず、日本語を理解し、そのうえで、ことばをいかに活用すればより良いコミュニケーションが可能かを考えます。
世界に発信する日本語學
日本語教育にも力を入れ、國際社會で活躍できる人材を育成していきます。日本語に対する理解と認識を深める一方で、外國人が言語を習得する仕組みや課題を明らかにし、より良い教材を開発することに役立てます。

専門入門ゼミナール
専門入門ゼミナール
1年次に日本語學の基礎を學ぶとともに、2年次以降の専門科目への導入的な役割を擔います。調べたものを分析し発表するという、一連の研究方法の基礎を學びます
ゼミナール
ゼミナール
2 ~ 4 年次の學生が全員履修する授業です。少人數の演習形式で関心のある専門的なテーマを學生自身が主體となって設定し、3 年間學びます。
日本語教育を海外で実習
日本語教育を海外で実習
夏休みには韓國の慶熙(キョンヒ)大學校外國語學院で約2週間、春休みにはカナダのカルガリー大學で約6週間の日本語教育実習が行われます。

成長のプロセス

文學部_成長のプロセスa
1年次
専門入門ゼミで基礎を固める
日本語學の基礎と2 年次以降のゼミに備え、研究スキルと知恵を鍛える
文學部_成長のプロセスb
2?3年次
ゼミで関心のあるテーマを研究
関心のある研究テーマのゼミに參加し、3 年間かけて研究を行う。
文學部_成長のプロセスc
4年次
卒業論文で研究の成果をまとめる
これまでの研究から卒業論文テーマを指導教員と相談のうえ決定し、まとめあげる。
言語への多面的アプローチから思考法と洞察力を修得。
久久影院-国产久久亚洲美女久久